スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の野球を振り返ろう

今クライマックスシリーズとやらで盛り上がっていますが、
横浜の野球はとうに終わってますので少し振り返ろうかな、と。

前半首位に折り返して置きながらシーズンを終えてしまうとまさかの最下位。
「ただいま」と言いたくなるような、実家のような安心感のある場所に戻ってきた気がします。
Bクラスは何位でも一緒だと思ってるので、それならドラフトで有利になる最下位でも結構です。

が、どうしてこうなったと言わざるを得ない。

今年こそはAクラスには入れると思ってました。
近年で最もAクラスを狙えるシーズンでした。
その分、実に後半の不甲斐なさが歯がゆく、9月には完全に意気消沈してました。
クライマックスシリーズの場で輝く横浜の選手が見たかったです。


さて、選手を振り返ろう。
シーズンが始まる前に今年はブレイクするだろうと思っていた選手が2名いました。
タナケンと宮崎です。

タナケンはオープン戦からキレキレのカーブのチェンジアップを武器に打者を翻弄。
今までどうも自信なさげにマウンドに立っていたイメージがあるのですが、
去年の秋頃から実に堂々としたマウンド裁きに心を躍らされていました。
春先はロングリリーフでしたが、そこで良い内容を重ねて勝ち継投に加わり、
前半戦の横浜大躍進に大きく貢献してくれました。
しかし、夏に入ると疲労に負けたのか、ストライクが入らなくなり、リフレッシュも兼ねて2軍落ち。
オールスター出場ということもやってのけてくれたのですが、
昇格しても精彩を欠く内容が続き、再び2軍に落ちると戻ってくることはありませんでした。
今までの成績を考えると今年の活躍は大進歩なのですが、
あのタナケンがオールスターに選ばれたというのは感動ものなのですが、
もう少し、後半戦も戦力になっていれば、全然違った結果になったと思います。
国吉や平田みたいなクソメンタルを使うことも少なくなったでしょう。
成績だけ見ると悪くないよう見えるのが余計にタチが悪い。

そもそも後半は岡島、大原、三上が戻ってくるからなんとかなると思ってたんですよね。
ところが岡島はただのポンコツでした。大原も過去の酷使が祟ってか、球が軽い軽い。
三上だけでした。9月の癒しは三上だけと言っても過言ではない。

救援陣と言えば、やはり語らずに言われないのはルーキー山崎康晃の存在。
150km前半の速球の威力も申し分ないのですが、あのエグいツーシームはなんや。
ややシンカー気味に落ちるスプリットのようなツーシームは本当にキレまくっていた。
そしてメンタルの強さ。セーブ失敗は疲労が蓄積してしまった夏に1度だけでしょう。
愛くるしいタヌキのような顔ですが、マウンド度胸は群を抜いている気がします。

エレラも横浜自前の外国人にしては、非常に良い働きをしてくれました。
完全にハマスタ専用機ではありますが、被弾が少ないので頼もしいです。

脱線が過ぎました。
宮崎は出番があるか不安でしたけど、石川の負傷で出番をゲットし、
山下、白崎、内村、飛雄馬あたりを抑えてスタメンを掴んでくれました。
本来ならキューバの至宝がセカンドをしている予定だったのですが、行方不明になりましたね。
引っ張って鋭い打球を放つんですが、何故か打球が上がらずサードゴロになってしまう印象が強いです。
少し打球が上がるだけでホームラン量産待ったなしを思える打球の強さが実に勿体ない。
しかしあのハードスイングは必ず来年も通用すると確信しているので、
もっさりした守備がもう少しマシになればスタメンでしょう。
あとは早くケガを治してくれ。

まだまだ言いたいことがあるのですが、眠たくなったので寝ます。
続きは明日にでも。




スポンサーサイト

GWは野球が楽しかった。

横浜が強い。

5/2ナゴド
9回2死2点ビハインドからの逆転劇。

5/4ハマスタ
久保1失点101球で完投。

2014年シーズンのプロ野球終了のお知らせ

今更ですけど、プロ野球が終わってしまいました。

思い返すとどうしても最近である9月に活躍した選手を称え、
不調だった選手を叩きたくなるのですが、
なんとか4月から振り返ってみようかな、と。

いや、その前に先に総括というか結論というか、
シーズン全体を振り返ると・・・

楽しかったですね。
9月に入っても厳しい条件だったとは言え、CSに乗り込めるチャンスは十分ありましたし、
先発が試合を作っていくという正しいスタイルを確立出来た気がします。
その反面、去年のような分かりやすい打撃での楽しさは薄くなったのが残念なのですが。



開幕
三嶋、井納、加賀、久保、尚成、モスコーソのローテ。
長田(大原)→山口→ソーサの勝利の方程式。

懐かしさすら覚えますね。
最後までローテを守った久保や井納(モスコーソは外国人枠の関係で2軍に落ちましたが)は
本当に頼もしかったですし、他は何だったのかと思いますね。

方程式にいたっては、原型を留めてないですね。
大原は去年使い過ぎた感じは否めないのですが・・・

最終的には
久保、山口、三浦、井納、モスコーソ、高崎
国吉or林→三上
となりましたね。6人目の高崎が入るまでは時間がかかった記憶があります。

久保→FAして大車輪の活躍
山口→先発転向大成功。月間MVP2度獲得。
三浦→2度の降格から復活。衰え知らずのイニングイーター
井納→両リーグで10勝一番乗り。
モス→横浜歴代最強外国人先発投手
高崎→帰ってきたエース候補

強過ぎて申し訳ない。優勝待ったなし。
ちなみにQS率は41.67%→52.78%と膨れ上がりました。
素晴らしい。


野手陣は筒香がついに頭角を現しましたね。
ずっと打点にこだわりがあると言ってましたが、
有限実行、12球団1位の得点圏打率をマーク。
打率も3割ホームランも20以上。
相変わらずケガしがちですけども、立派な成績です。

梶谷は思ってたのと違う方向に成長しましたけど、
横浜で唯一のタイトルホルダー、盗塁王ですから、称えましょう。
出来れば三振減らすか、ホームラン増やして欲しいですけど。

黒羽根も打撃が良くなりました。
一瞬だけですが、打率3割にも到達しました。
右打ちがやたら上手くなった印象です。
インコースでも上手いこと捌いて流してますね。




以下愚痴
何故ブランコを解雇するのか。
ロペスが代わりになると本気で思ってんのか。

何故藤江を解雇するのか。
抑えが出来るだけの能力を持ってるとずっと思ってるんだが。
ただ調整が下手糞なのは否めないけど。

グッバイ金城。
優勝したいんやろな。




実はこの記事、CSやってる時に書いてたんだけど、
途中で面倒臭くなっちゃったやつ。

とりあえず来年は優勝するんで。
最近、選手自身もCS出場!みたいな目標言ってるけど、アホかと。
優勝しか興味ないんじゃ。


来年、飛躍する選手

投手、田中
野手、宮崎

宮崎は出番が与えられるとええんやけど。

プロ野球が開幕して結構経ちましたね。
今の順位は無視してとりあえずポジります。

ルーキー守護神・三上朋也
恵まれた体からの変則的なスリークウォーターからの
150kmを超えるストレートとキレキレのスライダーは見ていて面白いです。
失点はソロホームラン1本のみということは、得点圏での被打率は.000ということで。
ルーキーにしてこのメンタルの強さも感じられて言うことなしです。

エース・井納翔一
勝てる投手、こいつが投げればまず勝てると思わせる投手というのは本当に頼りになります。
ヒロインからも完投意識の高さが見受けられてエースらしさを感じられますし、
テンポの良さから生まれるリズムで打者も援護出来てる気がします。

打者は特にいないですね。
どの打者も最低限な成績を残している印象です。
強いて言えば梶谷の盗塁成功率でしょうか。14/15ですかね。
屈指の長打力、走塁技術もさることながらこの今の盗塁技術があるのなら、
確実に球界を代表する選手になりそうですね。
あとはもう少し打率を上げて、三振が減れば絶賛するんですけども。

何のせ全体的にもっと打って欲しいです。
1,2番が機能せず、ブランコと黒羽根の離脱の結果が今だと思いますので、
この交流戦で奮起して流れを作って欲しいところです。

今シーズンの野球を振り返りますか。

DeNA 64勝79敗 勝率.448 打率.262 防御率4.50

強くなりましたね。
ようやく長い暗黒時代から光が見えたような気がします。
チーム全体として、凄く分かりやすい野球をやってて面白いですね。
取られたら取り返せばええんや!を地でやってます。

この得点の多さに関して。
HRが特別多いわけでもなく、盗塁は少なく、
バントや進塁打がしっかり出来てる感じでもないんですが、
チャンスできちんと打てる勝負強さが光ってた気がします。
あと走塁の上手さですかね。
ランナーが1塁にいて長打が、2塁にいて単打が出れば点数に繋がってた印象です。

投手に関しては落ち込むばかりなので書きません。


続きは印象的だった選手を書いていきます。




続きを読む

プロフィール

Nihat

Author:Nihat
広橋涼が好きです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。