スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「放浪息子」の良さを引き出したもの

放浪息子を最後まで視聴。

女の子になりたい男の子と男の子になりたい女の子が主役で
話自体、なかなか感情移入出来ない何とも難しい設定。
そのためか、どうしてもその設定が頭に入らず、
見始めの時は「よく分からん」としか思ってなかったが、
こりゃ面白いアニメだわ。

もっと評判になっていい。
まどかマギカと同時期でなければ。




続き、ネタバレ感想。


続きを読む

スポンサーサイト

スタンド使いと同様にやはり引かれ合うものなのか

専門学校で隠れオタ見つけた。
元々クラスではよく話すほうだったが、
俺も相手も隠しっぱなしだからなかなか分からなかった。
携帯の着メロがアニソンみたいなマンガ的展開ではなかったが、
分かったきっかけは些細なもの。

そいつが何とも言えない妙な色のジュースを買っていた。
美味い、美味いと飲んでいたので一口もらうと、まぁ美味しくない。
「ありだろ」「いや、ねぇよ」の応酬となったが、
そこでそいつが
「ありありありありあり」とやけに片言に。

これがきっかけ。

俺「絶望先生好きか?」

一応、絶望先生の「アリアリ詐欺」の回。
アニメで言えば2期10話。

もちろん相手の答えは「YES」

もうお互いが好きじゃないと絶対に分からない流れ。
しかし俺は一番望んでいた。

隠れオタ同士ほど安心出来るものはない。
ひっそりと好きな話をするのが楽しいし、
他の奴が来れば、互いに空気読んで他の話になる。
嬉しいもんだ。


結局そいつとは何故かLOの表紙の話で盛り上がった。
また少し学校に行きやすくなった気がする。

PCとアニメ観賞以外やる気出ない

恐らく家のアンテナが原因なんだろうが、
BS放送がろくに見れないわな。
つまり大好きなアニメがろくに見れないという。
いろはと日常なら見れるんだけど。

明日の深夜から放送する「あの花」を見たくて仕方ないのに。
学校休んで電気店に行こうかな・・・
それぐらい深刻だわ、こりゃ。




専門学校で友人が出来てきて、かなり安堵している。
今のところ麻雀ぐらいしか共通の趣味がないけど、無いよりは100倍マシ。
何でも手を出しておいて良かったと思う。
消しゴムはんこプレイヤーはいないだろうなぁ。


だけどやはり横浜が好きでね

最近は19時前に帰宅して飯食ってから
ずっと2ちゃんで実況スレ見ながら横浜戦をテレビで見てるわ。
と言っても巨人戦ぐらいしかテレビで映らないから、
それは昨日までとなったわけなんだけど。

しっかし野球面白いな。
昨日と今日で2連敗した訳だが、
それでも明日の野球が楽しみで仕方ない。
昔から野球は好きだったが、
テレビでじっくり最後まで観戦するのは初めてかもしれん。
当たり前のことだけど結果だけ見て批判するのは良くないな。
そこで言わせてもらえれば、やはり石川の守備はクソだった。
二遊間の守備がアレで他球団の併殺打が減ってるんじゃないかと思ってしまう。
てか盗塁しろよ、渡辺、石川。

「魔法少女まどか☆マギカ」の良さ

書こう、書こうと思って今に至る。
断片的、部分的にしか覚えていないので出来るだけ簡潔に書くつもり。


追記
結局長くなった。

もちろんネタバレあり。

続きを読む

「花咲くいろは」の仕事ぶりと観た感想

湯乃鷺駅誕生!←クリック可能

この仕事の早さ。
2クールでまだ4話ほどしか放送していないのに。
昨今の不況の中、儲かるのはこの分野だということを分かっているんだろうな。
この迅速の対応は素晴らしい。
またアニメに合わせて錆もつけるというこだわりもまた素晴らしい。
行けない距離でもないから夏休みにでも聖地巡礼に行ってもいいな。


喜翠荘の電話番号←クリック可能

これまた素晴らしい。
こういったサービスは聞いたことがない。
しかも最初は緒花ちゃんで次は菜子ちゃん。
行き届いてるね!
細かいところにも。


続き5話までのネタバレ感想。

続きを読む

アニメ・マンガにおける催眠術の必要性

結論、必要性はほぼ皆無。


俺が見てきた中で酷かったのは、
ミステリーものでオチが犯人は他者を催眠術で操っていたということ。
最早トリックだとか推理だとかそういう話じゃなくなっている。
実は超能力者でしたって、ある意味、驚きを与えているが
そんなものは誰も求めていない。

例外ももちろんある。
ジョジョの露伴先生のヘブンズドアーとかは構わん。
元々実際にはありえないスタンドがメインなのだから。
催眠術のようなものでも能力の一つと言って何もおかしいことは無いはずである。

のだめカンタービレとかも別に良いと思う。
千秋が飛行機と船が苦手という設定を崩すのに
催眠術で克服させるというのは、かなり無理矢理な手段ではある。
しかし、この作品のメインは
のだめと千秋、他の愉快な連中らの言動を楽しむのであるのだから
その克服のさせ方に対して重きを置くものではないと思う。
むしろこの作品の面白おかしい雰囲気に合ってるとも思える。


つまり、何が言いたいのかと言うと
キャラの個性などを除いてのリアリティある世界観の中で
急に非現実的な催眠術を持ち込むのは如何なものかということ。
しかも上記のようなミステリーでのトリックに使うと言うのは以ての外。
全てをぶち壊すと言っても過言ではないだろう。
アニメ・マンガというものであるとは言っても流れを汲んで欲しい。

催眠術は話が手詰まりになってしまっての最悪の打開策だと思う。
禁じ手と言ってもいいかもしれない。
催眠術以外にも何か手段がなかったのか、
もっと考えてから世に送り出して欲しい。


余談
こういう記事を書くとき、
どうしても具体例に出すアニメ・マンガのネタバレになってしまうんだが
どう書くのがベストなのか分からん。
ただでさえ読みにくい、分かりにくい文章なのに
具体例を出さずに言いたいことを伝えるのは難しいし、
ネタバレがなくて分かりやすい具体例ってのも書けないときたから困ったところ。

プロフィール

Nihat

Author:Nihat
広橋涼が好きです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。