スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の野球を振り返ろう

今クライマックスシリーズとやらで盛り上がっていますが、
横浜の野球はとうに終わってますので少し振り返ろうかな、と。

前半首位に折り返して置きながらシーズンを終えてしまうとまさかの最下位。
「ただいま」と言いたくなるような、実家のような安心感のある場所に戻ってきた気がします。
Bクラスは何位でも一緒だと思ってるので、それならドラフトで有利になる最下位でも結構です。

が、どうしてこうなったと言わざるを得ない。

今年こそはAクラスには入れると思ってました。
近年で最もAクラスを狙えるシーズンでした。
その分、実に後半の不甲斐なさが歯がゆく、9月には完全に意気消沈してました。
クライマックスシリーズの場で輝く横浜の選手が見たかったです。


さて、選手を振り返ろう。
シーズンが始まる前に今年はブレイクするだろうと思っていた選手が2名いました。
タナケンと宮崎です。

タナケンはオープン戦からキレキレのカーブのチェンジアップを武器に打者を翻弄。
今までどうも自信なさげにマウンドに立っていたイメージがあるのですが、
去年の秋頃から実に堂々としたマウンド裁きに心を躍らされていました。
春先はロングリリーフでしたが、そこで良い内容を重ねて勝ち継投に加わり、
前半戦の横浜大躍進に大きく貢献してくれました。
しかし、夏に入ると疲労に負けたのか、ストライクが入らなくなり、リフレッシュも兼ねて2軍落ち。
オールスター出場ということもやってのけてくれたのですが、
昇格しても精彩を欠く内容が続き、再び2軍に落ちると戻ってくることはありませんでした。
今までの成績を考えると今年の活躍は大進歩なのですが、
あのタナケンがオールスターに選ばれたというのは感動ものなのですが、
もう少し、後半戦も戦力になっていれば、全然違った結果になったと思います。
国吉や平田みたいなクソメンタルを使うことも少なくなったでしょう。
成績だけ見ると悪くないよう見えるのが余計にタチが悪い。

そもそも後半は岡島、大原、三上が戻ってくるからなんとかなると思ってたんですよね。
ところが岡島はただのポンコツでした。大原も過去の酷使が祟ってか、球が軽い軽い。
三上だけでした。9月の癒しは三上だけと言っても過言ではない。

救援陣と言えば、やはり語らずに言われないのはルーキー山崎康晃の存在。
150km前半の速球の威力も申し分ないのですが、あのエグいツーシームはなんや。
ややシンカー気味に落ちるスプリットのようなツーシームは本当にキレまくっていた。
そしてメンタルの強さ。セーブ失敗は疲労が蓄積してしまった夏に1度だけでしょう。
愛くるしいタヌキのような顔ですが、マウンド度胸は群を抜いている気がします。

エレラも横浜自前の外国人にしては、非常に良い働きをしてくれました。
完全にハマスタ専用機ではありますが、被弾が少ないので頼もしいです。

脱線が過ぎました。
宮崎は出番があるか不安でしたけど、石川の負傷で出番をゲットし、
山下、白崎、内村、飛雄馬あたりを抑えてスタメンを掴んでくれました。
本来ならキューバの至宝がセカンドをしている予定だったのですが、行方不明になりましたね。
引っ張って鋭い打球を放つんですが、何故か打球が上がらずサードゴロになってしまう印象が強いです。
少し打球が上がるだけでホームラン量産待ったなしを思える打球の強さが実に勿体ない。
しかしあのハードスイングは必ず来年も通用すると確信しているので、
もっさりした守備がもう少しマシになればスタメンでしょう。
あとは早くケガを治してくれ。

まだまだ言いたいことがあるのですが、眠たくなったので寝ます。
続きは明日にでも。




スポンサーサイト
プロフィール

Nihat

Author:Nihat
広橋涼が好きです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。