スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼きうどんを作ってみた

ちょっとそんな気分だったので。

以前にもこんな記事書いたなぁ。。。
まぁいいや。
今回が一番本格的(笑)です。


タララッタ タタタ タララッタ タタタ タララッタ タタタタ タッタッタ

材料
豚肉こま切れ 200円
モヤシ 38円
ニンニクの芽 50円
うどん 38円
ニラ 家にあった
キャベツ 家にあった
愛情 プライスレス

全部足したら320円ほどになりますが、
実質使ったのは豚肉半分、モヤシ5分の1、ニンニクの芽は3分の1ほどなので
100+8+17+38でえっと・・・・・・
カタカタカタカタ・・・チーン
文系なので(ry
多分163円かな。

リーズナブル!

カップ麺と変わらないと思うかもしれないが、
ほぼ無添加なんだぜ。
肉も結構入るしね!



ジャストミート
 
作り方
まず豚肉に下味をつけましょう。
これが一番ポイントです。
醤油多め、酒少なめ、ごま油ちょっぴりでOK
あとは軽くもみもみして放置プレイ。
5~10分で十分しみ込むはずです。
この間で野菜を切りますがその前に説明。

野菜を切った後に豚肉に片栗粉をまぶします。

これでもうプロの味です。
私はプロになったつもりです。

片栗粉により下味がコーティングされるのです。
しかも舌触りが滑らかになります。
無敵です。

ソースは美味しんぼ。



ナッパ ( `・ω・´)凸

下味つけている間に野菜を切りましょう。
もみもみしたはずなので手を洗い、野菜も洗い、
包丁も洗い、まな板も洗ってから切りましょう。

とりあえずする必要はあるのか知りませんが、
芽の野菜と葉の野菜を分けました。
芽のほうが固いから先に炒める必要はあるのかと考えたが故にです。

しかしニンニクの芽は炒め過ぎると歯応えが無くなるので、
注意が必要です。

ソースは美味しんぼ。



ここで炒めているときの画像を貼るつもりが忘れてました。
なんだかんだで焦がしそうなんじゃないかとテンパるのです。

とりあえず豚肉にはごま油がついているので
フライパンに入れる油は少なめでいいと思います。

今回私は豚肉→芽→葉→うどんで行きました。

豚肉は下味をつけるための液体ごと入れましょう。
というか多分片栗粉をまぶすと液体を粉が吸うと思うので、
とりあえずそのまま入れちゃいましょう。

そして芽。

時間をそんなに空けずに葉。

しんなんりしてきたらうどん。

味付けするタイミングは全部入れてからにしました。
と言っても豚肉には既に濃ゆい味がついてるはずなので、
全体的に薄めでいいと思います。

あとソースではなく醤油をメインに味付けするほうが個人的には好きです。
ソースは隠し味程度に。
ウスターソースを使うつもりが無かったのでおた○くソースにしました。

醤油、酒、お○ふくソース、出汁を入れて、
全て蒸発したら火を止めてコショウを軽くして完成です。
味見して薄ければ塩でカバーしましょう。


そして結果はこうなりました。




・・・・・・










うどんげ

ダダーン!!



間違えた。






普通って言うなーーー

こうなりました。
普通に旨かった。満足。

一人暮らしするかは分からんが、
こういう技術も鍛えておかねば。


ここまで読んで下さった方はありがとうございました。
次回は多分ありません。



追記
学校の帰りに買い物したので、エコバッグを持っておらず、
教科書が入ってるバッグからニンニクの芽が出てる状態になってました。

アリだと思います。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

肉の芽が50円で買えるなんて知りませんでした。

その発想は無かった。

とりあえず
波紋疾走(オーバードライヴ)!!

プロフィール

Nihat

Author:Nihat
広橋涼が好きです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。