スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひだまり5話感想。


最初にこの画像。

のりぱい

ゆのぱい

いや決して胸をアップで見たいからとかそんなんじゃない。
これがどうして必要だったのか考えてみる。
シャフトがDVDを多く買ってもらうための戦略か。
いや、違う
・・・はず。
まぁそれもあると言ったほうが正しいか。
だが本来は別のところだと思う。

まずこのシーンの説明に入るが、
これはゆのっちとのりっぺが以前の話から始めた朝の体操しているところ。
緑がのりっぺ(1年生)であり、赤っぽいのがゆのっち(2年生)。
差は歴然である。
そして次にこのシーン。

真実も中山ももっと出るべき


吉野屋先生が身体的に成長してないことに落胆するゆのっちを励ますため
ゆのっちの胸に手を当て、「成長してますよ、ここが」と言って心の成長を示すつもりが
普段の行いからか、ゆのっちが勘違いし
「ここも成長していません・・・」とやはり落ち込むところ。

要するに先ほどのシーンは伏線であったのではないかと考えられる。

元々このひだまりスケッチはひだまり荘のメンバーを中心に
主人公であるゆのっちの成長を見ていくものである。
そして3話の時も書いたが体操を始めるということはマンガには無く、オリジナルである。

何が言いたいのかと言うと
この体操を始めるということを入れてきたのには3話の感想でも書いたよう
内面、心の成長を示すためであり、
そしてこの5話では
身体的な成長を示す(結果的には成長していないのだが)ためではないだろうか。

つまり「体操を始める」というシンプルながらも効果的な演出を入れることで
主題である主人公の成長をはっきりと見せているのである。

そう考えると最初の体操のシーンも欠かせない。
主人公の成長(してなさ)を示すためにも。

どうして「体操を始める」というオリジナル要素を入れたのか、
そう思って、考えて、辿り着いたところがここ。
まとまってるのか自分で読んでもよく分からないのが正直なところ・・・
逆説的なところもあってもうわけわからん。

いつも通りの自己満足でしたね。チャンチャン。



そして後半

アリアリアリアリアリアリサワ先輩

有沢先輩(CV中原麻衣)きたぁぁぁぁぁああああああああああ
サブキャラの声優の豪華さには定評があるひだまり。
毎回新しいキャラが出ると楽しみである。



そーいやー桑原先生、何故キャストが変わったんだろうかと思ってググると
まず1期から2期に変わるときもキャストが変わったようで。知らなかった。
とりあえず2期のキャストである木川絵理子から桑谷夏子に変わったのは、
木川さんがどうやら病気で療養中だそうで・・・
お大事にして下さい・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Nihat

Author:Nihat
広橋涼が好きです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。