スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメをどういう目線で見るか。
アニメの面白い、面白くないの差を分けるところの1つである。

あるアニメを見るとき十中八九、
ギャグアニメを神妙な面持ちで見たり、
シリアスなアニメに笑いを求めたりはしない。
当然のことである。
そんな態度で見ていれば
優れた作品でも面白くなくなるからである。
このことは常識の範疇として皆が共通理解している。

そこで「Angel Beats!」である。
麻枝がシリーズ構成をするということで
俺(ら)はストーリーに重きを置きすぎたんじゃないだろうか。
会社はピーエーワークスがやるということで作画に
主役は神谷浩史が演じるということに目線をやれば、
もっと面白い作品だということになるのではないか。

実はこのことに気付いたのは最近、
全く期待せずに録画した「Angel Beats!」を見ていた時である。
やはりライブシーンや雨中での音無と直井シーンは魅せるものがある。
無論、何故ライブシーンが必要だったのかよく分からないことや
催眠術とかいうふざけた設定を除外して見ている訳だが。


ストライグウィッチーズ1期が放送されていた時は
単なるパンツアニメとしか思えず、
キャスト陣が好きだったのにも関わらず切った。
しかし世間では非常に人気で、DVDも売れ、
2期を放送して、そして映画化まで届いた。

ここで気づいたのは
1期を見始めていた時の俺は恥ずかしながらストパンを
「多少パンチラ入りの、
 失敗を重ねて成長していく宮藤のサクセスストーリー」
だと認識して見ていたことである。
これを念頭に置いてしまったがために最後まで見れなかったんだと思う。

しかし2期を放送する時にはもう完全に視点は変わっていた。
「いかに股間とキャラの可愛さを見せるかのストライプストーリー」
こう認識するだけでどれだけ優秀な作品になるか。
ストーリーやら話の展開なんかはそれっぽいものでいい、
さっさと股間を見せようぜ、という主題がひしひしと伝わる。

アニメは大雑把に書くと
「ストーリー」「キャラ」「展開」「演出」「声」「作画」
あたりの要素を含むと思われるが、
どうも俺は「演出」「展開」次いで「声」を重視し過ぎなのかもしれん。
もっと幅広い視野を持ってアニメを見れば
まだまだ面白いを感じれる作品は多々あるかもしれん。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Nihat

Author:Nihat
広橋涼が好きです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。