スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタンド使いと同様にやはり引かれ合うものなのか

専門学校で隠れオタ見つけた。
元々クラスではよく話すほうだったが、
俺も相手も隠しっぱなしだからなかなか分からなかった。
携帯の着メロがアニソンみたいなマンガ的展開ではなかったが、
分かったきっかけは些細なもの。

そいつが何とも言えない妙な色のジュースを買っていた。
美味い、美味いと飲んでいたので一口もらうと、まぁ美味しくない。
「ありだろ」「いや、ねぇよ」の応酬となったが、
そこでそいつが
「ありありありありあり」とやけに片言に。

これがきっかけ。

俺「絶望先生好きか?」

一応、絶望先生の「アリアリ詐欺」の回。
アニメで言えば2期10話。

もちろん相手の答えは「YES」

もうお互いが好きじゃないと絶対に分からない流れ。
しかし俺は一番望んでいた。

隠れオタ同士ほど安心出来るものはない。
ひっそりと好きな話をするのが楽しいし、
他の奴が来れば、互いに空気読んで他の話になる。
嬉しいもんだ。


結局そいつとは何故かLOの表紙の話で盛り上がった。
また少し学校に行きやすくなった気がする。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Nihat

Author:Nihat
広橋涼が好きです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。