スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風呂の始まりのことをフロローグと言う

銭湯と言えば専ら幼女目的だが、
他の人々を見てると色々な人がいるもので。


普通の外出だったら周りの人々が気になって
無理に格好つけてるもんだが
銭湯だと気が緩んで自我が出てくるんだろうか。


自販機の前で腕組みしながら真剣な眼差しの女性。
風呂上がりで乾いた喉を潤すのに最適なジュースを厳選しているようだ。
俺はその女性の横でもう1つの自販機でオレンジジュースをチョイス。
当たりつきだったのでピピピピと音を鳴らして数字が並ぶ。

するとその女性は散々悩んでいた自販機から離れ、
俺が購入した自販機で速攻でお茶をチョイス。
決め手は当たりつきか否かというところだった。
もちろん当たらなかった。



日曜の21時頃に行くとサウナで腕立てを始め出すガチムチがいる。
筋肉隆々。



小3ぐらいの男の子が一人で銭湯に入ってきた。
恐らく母親と来たんだろう。
5年後に女湯に行かなかったことを一生後悔することになるな。

逆のパターンも。
混浴出来る条件、富山の条例では確か10歳未満の120cm以下。
このことを書かれたポスターを見て坊主のガキが
「おい!俺、130cmあるよ!女湯入れんわ!」
と叫んでいた。
エロガキが・・・ ぶっ飛ばすぞ。



そういう俺は散髪のついでである。
1000円カットしてその後、シャワーで切った髪を流す。
そして幼女を合法的に見れるんだからリフレッシュに最適。

あと、銭湯で白人の男性を見る度に、どうして白人の幼女は来ないのかと思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Nihat

Author:Nihat
広橋涼が好きです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。