FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地名が読めないから人に訊けないんだよ

嵐山は流石に読めるけど。

京都行ってきた。
最後は嵐山。
天龍寺と嵐山モンキーパーク。

8時前に起床して朝食作り。
よく考えたら朝食作ったの初めてかもしれん。

昨日スーパーで買ったのはひき肉とほうれん草と卵。
1つずつ炒めて、ご飯に乗せて3色ご飯に。

しかし友人宅には醤油も塩も無いという始末。
全部めんつゆで味付けした。
と言うかめんつゆと味ポンはあって、
何故に醤油と塩が無いのんだ・・・

友人は大学に行ったので俺は二度寝。
11時半起床。

龍安寺に行くつもりだったが面倒になったので、
友人のマンガ、同人誌を読み耽っていた。

テレビをつけると昔の湯けむりサスペンスをやってた。
現在はもうドラマでは滅多に見られないおっぱいが出てきた。
温故知新という言葉を思い浮かびながら、同人誌に戻る。


友人が帰宅してきて、いざ嵐山へ。


何線か忘れたが嵐山は駅からおサレだな。
漆塗のような綺麗な黒で色づけられていた。
足湯とかもあったな。


まず行ったのは天龍寺。
広い。

securedownload[1] (6)

庭が木々と苔が中心である三千院の庭と違い、
枯山水が手前にあって、その奥に池がぼーんとあった。
鯉が池にいて跳ねてたりしてた。
いとをかし。

奥に進むと木々がどんどん生い茂っていって、
道端には花なんかも咲いていて、
寺という雰囲気ではなくなっていった。
いい意味で。

本堂に入れるところから入ってきたが、
俺が見たかったものがある北口で退出。
見たかったものはこれ。

securedownload[1] (5)

よく雑誌の表紙になっている竹林。
なかなか素敵じゃないか。
時々普通の木も生えているのだが、妙に目立つ。
竹しか生えてはいけない感じ。
ずっと歩いてきたが、ここだけは涼しいような。

北口で出たせいで帰りがかなり面倒なことになってしまったけど。
ずっと下り道で、ようやく平坦な道になったと思ったら
渡月橋よりもそこそこ離れた河川敷。
戻るのが面倒だな、おい。

次に嵐山モンキーパーク。
けいおんの修学旅行の回にも出てきたところ。
2日目の記事に書き忘れてたが、例の楽器屋にも行ってきた。
まぁけいおんのポスターが張ってある程度でしたけど。

まぁお猿さんが可愛いのなんの。

securedownload[2] (3)

所詮猿だろと高を括っていたが、思いのほか可愛いじゃないか。
まぁそのお猿さんに出会う前に登山する必要があるんだけど。

160mぐらいの山に位置するのだが、キツいのなんの。
天気も良かったせいで暑いし。
しかもそのまま帰路につくつもりだった俺は
バッグに昨日買った同人誌を入れたまま。
駅のコインロッカーに預けていくべきだったわ。
いやマジで。

securedownload[1] (3)
京都の町並みと猿。
デジカメ持ってくるべきだったな。

さて、たっぷり堪能したところで京都駅へ。


友人は自分の家の近くの駅で降りて別れたのだが、
そこに乗ってきた若い男が
「今別れた○○君の知り合い?」
と急に訊いてきた。
高校の友人で観光しにきた、と答え、
その後も色々と雑談を。

どうやらそいつは友人と同じ大学に通っているらしく、
それなりの面識もあるらしい。
大阪人で有名大学を受けたが落ちてしまったとか。

色々雑談した結果メルアド交換することになりました。
流石大阪人やで。
次来るときは連絡してってそうそう京都に行けないわな。

京都最後のご飯は京都駅で済ましました。
なんかラーメン店が何店舗も並ぶところがあったのでそこへ。

10階あたりに位置してるんだが、やはり都会の駅は凄いな。
なんか空中経路みたいなのが設けてあったし。
まぁ単に良い景色が観られる通路だったんだけど。

食べたのは内モンゴル塩ラーメン。
よく分からんけどモンゴルの岩塩でも使ったのかな。

securedownload[1] (4)

850円でチャーシュー3枚、ワンタン、味玉つき。
旨い。あっさりしてて玉子もいい感じに味がしみててGOOD
もうちょっと麺が硬かったら尚良し。
キムチが無料提供だったのだが好きじゃないのでスルー。


帰宅。
寝た。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Nihat

Author:Nihat
広橋涼が好きです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。