スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青春男に、私はなりたい

「電波女と青春男」視聴完了。

話自体は盛り上がるところが無く平坦な感じがして、
シャフト大好きな俺の色眼鏡越しでも微妙な印象。
面白くないわけではないが、人に勧めるようなアニメではない。

キャラは皆可愛かったけどね。
別にそういうのをシャフトには求めてないし・・・
キャラも可愛くて、面白いのを求めるよ。

まぁその長所のキャラについて少々。

俺はリュウシさんが好き。

エリオの太もも舐め回したいと思うし、
出番が少ない割には可愛さをアピールして前川さんも良かった。
ばばぁも頑張ってた。

だがリュウシさんが好き。

言動はアニメの女の子っぽくて、明るく、特徴的な言葉使いなんだけど
考えに人間味があると言うか、生々しさが微かに残ってる気がする。

そこが好き。

丹羽のことが好きだから、エリオを敬遠してるところもあるし、
エリオを丹羽から遠ざけようと見受けられるところもしている。
そのことで「うざい」「自己中」と嫌悪感を抱くのも分かる。

だがリュウシさんはそれを自覚してるってのがミソ。
自分をイヤな娘だと時々形容してるしな。

あれだけ他者を配慮出来る人が
どうしてこのような行動を取ったのか。
きちんと考えて行動しているはずだろう。

他の選択肢を考えると、
・丹羽の前では普通に接し、丹羽のいないところでエリオに自分の思いを告げる。
・誰にも言わず隠したまま。エリオに譲る。

前者の行き着く先はドロドロな展開に。
俺はそういう展開は嫌いじゃないが、エリオとリュウシさんがか?
どう考えても違和感だらけ。

後者のエリオに丹羽を譲るというのもおかしい。
泣ける作品と評されるのにある展開だが、
そもそもエリオはリュウシさんに丹羽のことを好きと言ってるわけではないからな。
好きというよりは懐いてるって印象を俺は持ってるし。

そうしたとしてもリュウシさんに「優しい」や「謙虚」といった好感を抱けないわ。
基本的にアクティブな彼女が譲ることに感じるのはやはり違和感しかない。

もっと自我を出して、競い合ってナンボっしょ。

そうしてでもこの作品内に残る爽やかな雰囲気は
リュウシさんが成せる業であるように思える。


それでは最後に・・・

                  「リュウコやっちゅーに」
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Nihat

Author:Nihat
広橋涼が好きです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。