スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間は作るものだってばっちゃが言ってた

すっかり放置してた。
バイトが毎日続くので、ついつい。
書きたいこともそこそこあるのでここらで消化。

最近、本を読み始めた。
もう何年ぶりになるのか分からん。
しかもバイト中。

もちろん、プールの監視の際は人の命にも関わる仕事なので無理なのだが、
もう1つの仕事となった展示会の受付時はかなり暇なので、読書している。
さくっと感想でも。


「青の炎」著・貴志祐介
探偵側ではなく犯人側が視点となるミステリー小説。
しかもその犯人が利己的で欲望まみれの悪人ではなく、
他者のために罪を犯す高校生とあって、珍しいもの。

そういうところに新鮮味を覚えてなかなか面白かった。
殺人沙汰だというのに爽やかさが残ってるように感じた。

ただ、あとがきの解説にもあった
「普通のミステリー小説と異なり、犯人側の感情描写が表立つ」のが良いらしいのだが、
全然本を読まない俺にとってはこれが上手い描写なのかよく分からん。
とりわけて上手い描写でもないという印象だけど・・・



「アヒルと鴨のコインロッカー」著・伊坂幸太郎
多分、世間的に結構有名なミステリー小説。
確かに評判になると納得出来る面白さ。
後半の伏線回収は「やりおる・・・」と感心するばかり。

河崎の最後の行動と
琴美の警察沙汰を余りにも避けようとするところだけ納得出来なかったが、
ミステリーの主軸である伏線回収は楽しかったし、
キャラや言葉回しも良かったし、
伊坂さんの他の作品も読んでみたいと思える作品だった。




「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」著・桜庭一樹
ライトノベルなのに全然軽くないミステリー小説。
作者はゴシックで有名な桜庭さん。

うーん、
すんなりさくさく読めるものだと思って読んでしまったためか、
重い、暗い、読後感が悪いと言った印象。

きちんと内容を省みれば、
あれだけ冒頭に嫌な終わり方を示す文章を置いて、
「怖い」という2文字を脳裏に植え付けてきたにも関わらず、
最後は「切ない」話だという気持ちになっていた。

これは伏線回収を楽しむものではなく、
なぎさの心情変化と砂糖菓子の弾丸と実弾の差を読んでいくものなのかな。
本の紹介文にミステリーとあるが、これも青の炎と同様に一味違う感じがした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Nihat

Author:Nihat
広橋涼が好きです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。