スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車の中が唯一の読書タイム


今年読んだ小説のまとめ感想。
ネタバレは多分無いし、数行で済む薄っぺらな内容。
けど以下に記す。

「スロウハイツの神様」 辻村深月
「ハサミ男」殊能将之
「せんせい」重松清
「平面いぬ。」乙一
「時間のおとしもの」入間人間
「太陽の塔」森見登美彦

一応タイトルだけでも。




「スロウハイツの神様」 辻村深月
上下巻というのを生まれて初めて読んだ。
最後まで読み終えてパタンを本を閉じる瞬間が好きで、
その為に読んでると言っても過言じゃないんだが、
上巻だとそれが出来ないじゃないかと敬遠していた。
というのは嘘で単に面倒なだけだったりする。

面白かった。
ミステリー小説に恋愛要素が多く加わった内容で、
キャラ作りがしっかりしてるおかげで、
最後の伏線回収は見事に決まってて、読後感が凄く爽やか。
個性豊かで魅力的なキャラが生き生きとしてて、読みやすかった。
ただ俺にはやはり上下巻は長い。
上巻は伏線を張る内容とは言えちょっと退屈な感じに。
もう少し短くまとまってたら最高だった。



「ハサミ男」殊能将之
面白いミステリーの話になるとちょいちょい耳に挟む作品。
気になったので購入。作者の名前は読めない。しゅのうでいいのか。

なるほど。面白い。これはしてやられた。
オチの良さもさることながら、文面も堅実な感じで良い。
無差別殺人というおかしな内容なのにしっかりとした構成で攻めてくる。
逆に言えば硬くて、セリフも多くないのですらすらと読めないんだけど。
正直もう1回ちゃんと読みたいと思ってる。



「せんせい」重松清
教科書やテストの問題などでお世話になる作者。
この人の小説は何度も続きを読みたいと思ってたり。

これは短編集で、タイトル通り先生に関連する話を列挙してある。
いわゆる「いい話」が続き、セリフも多く読みやすい。
意外性だとかどんでん返しとかまるで無いのに、
飽きずに読ませるあたりは、流石と言うか、テストに選ばれることだけはある。



「平面いぬ。」乙一
ジョジョをノベライズ化したとかでちょっと気になってた作者。
これも短編集でちょっと不思議な話が4つある。
ホラーであったり感動系であったりと、
色々な味があって作者の守備範囲の広さは凄いと思ったが、
群を抜いてるようなものは無かったかなという印象。
どの話も雰囲気が良くて、読ませる感じではあるんだけど。



「時間のおとしもの」入間人間
またも短編集で4つの話が入ってる。
ラノベを読むのはかなり久々だったりするが、これは面白い。
上記の「平面いぬ。」同様色々な話があり、どれもが時間に纏わっているのだが、
中でも「未来を持った男」と「ベストオーダー」は秀逸。
してやられた感覚を味わうことが出来るし、
短い物語の中でしっかりと伏線を張るあたりは非常に俺好み。



「太陽の塔」森見登美彦
去年の夏に「夜は短し歩けよ乙女」を読んだけど、
相変わらずこの人の本は流暢な日本語だなと思う。
文体に味があるのは確か。
ただ内容がただ大学生の妄想と面白くはあるんだけど、盛り上がりに欠ける印象。
もう少し恋愛に波乱があれば良かったのにと思ってしまう。
あと法界悋気って言葉だけは覚えた。意味は知らん。



今は伊坂幸太郎の「砂漠」を読んでる。
色々と物色中。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Nihat

Author:Nihat
広橋涼が好きです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。