スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可愛い=面白い

久々に漫画のことでも。
最近読んだ漫画の中で印象的だったのを3つほど簡単に。

阿部共実の「ちーちゃんはちょっと足りない」全1巻
面白い。
学校でトラブルが1つあった女子中学生の話。
序盤のコミカルな雰囲気からそのトラブルで一転。
心を抉ってくるような女の子の心理描写に一気に引き込まれた。
ハッピーエンドになってくれと僕はずっと思いながら夢中にページを捲っていたけど、
それは最後まで分からず、何とも言えない神妙な終わり方を見せてくれる。
その読後感は長編小説を読み終わったかのようなふわふわな気持ちになった。
そしてまた何度か読みたくなる。
人によって感想が凄く異なりそうだし、苦手な人もいると思う。
でも僕は面白かったのでオススメ。


東山翔の「prism」全1巻?
興奮する。
ジャンルは百合。掲載されていたのも百合を集めたマンガ雑誌「つぼみ」
ただただ女の子同士がいちゃつく内容ではあるが、まずそれがもう凄く興奮する。
こんなに俺(男)が必要じゃないということを思い知らされるものなのか。
女の子しか出てこないような漫画はバカみたいに買ってるけど、
純粋な百合というかちゃんと恋愛しているのは初めて。
もっと漁ってみてもいいかもしれない。
話の構成としても1話1話の終わり方が凄く気持ち良いし、
絵柄も柔らかくて女の子の表情も豊かで本当に可愛い。

が、諸事情により打ち切り。未完の全1巻である。
それを考慮してもこの作品が素晴らしいという感想は変わらない。
何らかの方法で是非とも続きを書いて欲しい。


関谷あさみの「千と万」1~2巻。進行形。
とにかく可愛い。
「よつばと」「うさぎドロップ」同様の父と娘の父子家庭の日常生活を描く作品。
もう娘の詩万ちゃんがえげつない可愛さで猛威を振るっている。
詩万ちゃんは中学1年生という難しいお年頃でお父さんに対しては常に不機嫌な顔。
笑顔を見せるのはお父さんからお金をもらう時かカレーを食べる時ぐらい。
でもまたその笑顔が可愛くて僕もお父さんも屈してしまう。

日常描写も細かくて好き。
最も印象的だったのは体育祭でお弁当のデザートとして持っていった梨に対して
「ぬるい・・・」と詩万ちゃんが思いながら、言葉に出さないところ。
凄く分かる。あまりの日常ぶりに記憶に残ることは一切ないと思う。
しかし、それを漫画の1コマに載せられるのは素晴らしいの一言。着眼点が良いでいいのかな。
本当に些細なことなんだけど真似出来ないことをさらっとしてる。

どれも最近買ったものばかりなのだけど、どれも買って良かったと思えたので書いてみた。
「千と万」の次の巻は来年ぐらいかな。待ち遠しすぎる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Nihat

Author:Nihat
広橋涼が好きです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。